みなとやについて

味処みなとや

大内宿の街道沿いに立ち並ぶ大きな茅葺屋根。その中のひとつが「みなとや」です。
代々受け継がれた名物しんごろうは、地元名産のエゴマを使った「じゅうねん味噌」と相まって素朴な味わいを醸し出します。
また、江戸時代に会津藩藩祖である保科正之公よりもたらされた蕎麦は、昔も今も多くの旅人に愛されてきました。

わたしたちみなとやは、囲炉裏の灯りのようにあたたかな癒やしの味処として、皆さまのお越しをお待ちしております。

大内宿絵図

時代を旅する大内宿

江戸時代の宿場の雰囲気を今に残す全国でも数少ない集落、大内宿。この村は城下町 会津若松と栃木県今市を結ぶ下野街道にあり、参勤交代や生活物資の流通の重要な街道として大きな役割をはたしてきました。昭和56年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、江戸時代の宿場町の雰囲気のなか郷土の味が楽しめる蕎麦屋や土産物屋などが軒を連ねています。

店舗情報

店  名味処みなとや
電話番号0241-68-2933
FAX番号0241-68-2968
住  所〒969-5207
福島県南会津郡下郷町大字大内宿字山本34
営業時間午前9:30〜午後5:00
※冬期(12〜3月)は要予約